GREETINGごあいさつ

  • 鈴鹿花火実行委員会 特別顧問 末松 則子市長

    実行委員会をはじめとする関係者の方々のご尽力により、「鈴鹿げんき花火大会2018」が開催されますことを心よりお慶び申し上げます。

    市民の皆さまが自主的に発案され,地元自治会や協賛企業のご協力を得て、このようなイベントを創り上げていただく事は、地域の活性化につながるものと期待しております。

    さて、今年は、開催5年目の節目の花火大会となり、大変好評であった3尺玉の花火をはじめ、過去最多となる約5,000発の花火が打ち上がることから、例年以上に、鈴鹿の夜空を色とりどりに飾っていただくことでしょう。

    本大会の名前が示すように、鈴鹿の元気を盛り上げていただき、素晴らしい花火大会となりますように祈念しております。

  • 鈴鹿花火実行委員会 実行委員長 田中 淳一

    「花火が上がる。この街に、恋や愛が輝く」

    一言のご挨拶をお許しいただきます。平素は皆様に「鈴鹿げんき花火大会」への多大なるご支援をいただき誠にありがとうございます。今年は開催5年目を迎え「陸・空・海」をテーマに装い新たに「鈴鹿げんき花火2018」の祭典を繰り広げて参ります。陸=ちびっこから大人まで好例になった巨大わくわく宝さがしでhappyに!空=鈴鹿初★二尺玉を夜空に感動を!海=東海最大級の三尺玉の開花で圧巻を!どうぞ皆様このSuzukaで存分に楽しんでください。